GoogleのクライアントIDを発行する

こんにちは。
Three Hands Worksの小林です。
前回記事ではkintoneとGoogle Calendarの連携について述べました。
今回は本格的にkintoneからGoogleのAPIを利用するために必要なクライアントIDの発行についてまとめます。

クライアントIDの発行

クライアントIDの発行にはGoogle Developers Consoleにアクセスする必要があります。

Google Developers Console
最初に行うのはプロジェクトの作成です。

画面上部の「プロジェクトを選択してください」をクリックし、開いたリストから「プロジェクトの作成」を選択します。

プロジェクト名は自由につけてもらって構いません。
使用可能な文字は英数字、引用符、ハイフン、スペース、感嘆符です。
プロジェクト名を入力したら「利用規約に同意」にチェックを入れ、作成ボタンをクリックしてください。

プロジェクトが作成されされると以下のようにConsole画面にプロジェクトが表示されます。

続いてAPIを有効化します。
使用するのはCalendar APIですので、リンクをクリックしてください。

「APIを有効にする」をクリックしてください。

APIを有効化したら認証情報を追加します。
「認証情報を追加」をクリックし、「OAuth2.0クライアントID」を選択してください。

先に同意画面でサービス名を設定するよう促されますので、「同意画面を設定」をクリックする。
同意画面を設定
サービス名は自由に入力して構いません。
入力したら「保存」をクリックしてください。
同意画面
「ウェブアプリケーション」を選択してください。
承認済みのJavascript生成元にお使いのkintoneサービスのURLを入力します。
※これを忘れると実行時に401エラーとなりますので忘れないようにしてください。
入力が終わったら「作成」をクリックしてください。
クライアントIDを作成
無事クライアントIDが作成されました。
クライアントID作成成功

これを使って次回はCalendar APIを利用してみようと思います。